採用情報はこちらから

RECRUIT採用案内

アミューズメント・モバイル・保険事業の株式会社コミュニケーション・ワークス

会社案内

パスカ事業部
ピノキオランドくまなん店 
吉永裕美/2013年入社

改善点をみつけ、しっかりと対策を行なう

アミューズメント業界に進もうと思ったのは、幼い頃からゲームセンターが好きで遊びに行っており、「自分が好きなことを仕事にできればいいな」と思ったのがきっかけです。前職で少しだけゲームセンターにて働いていたのでその経験を活かしたいと考え、転職を機にコミュニケーション・ワークスへの入社を志望いたしました。初出社のとき、知らない人たちのなかで上手くやっていけるのだろうかと不安を抱えつつ、緊張して出社したのですが、その心配は杞憂にすぎませんでした。職場はこれまで経験したことがないくらいアットホームな環境で、輪の中にも自然といれてもらえたため人間関係で悩むことは全くなかったです。また分からないことがあると先輩が丁寧に教えてくださったため、とても安心しました。
現在は店長職をいただき、店舗がお客様にとって居心地のよい場所にするための売り場づくりやイベントの考案、業務がうまくいくにはどのような人員体制やシフト体制でいったらよいかなど、店舗全体を通しての改善点を見つけ、それに対し対策を行なうのが私の仕事となっています。

よりよい店舗づくりのため、現状に満足しない

この仕事をしていて一番嬉しいのは、成果を残せたときです。働いていて気づいたのは売り場の演出や機械など、どこかを変えればもしくは工夫すれば必ず売上につながるということ。すぐに成果が出ない場合でも、長い目で見るとあの時やっておいてよかったと思う日が必ず来ます。私にとって「成果を出す」ということは目に見える分かりやすい、やりがいのひとつだと感じています。
また仕事をするうえで私が大切にしているのは「現状に満足しないこと」です。満足をしてしまうと人は工夫を怠ったり、消極的になったり、改善すべき点を見つけようとしなくなったりします。もし店長である私が現状に満足し、立ち止まってしまったら店舗全体に影響し、その店の成長も止まってしまうかもしれません。1つが終わると他に今までできていなかったことがないかを考える、続けることで「お客様に愛されるよりよい店舗」へと繋がってゆくと思います。

あの時の店長や次長が私の目標です

私には目標とする人がいます。それは入社したときにこの業界のこと、仕事の仕方など一から教えてくださった当時の店長と次長です。仕事面でもとてもお世話になったのですが、プライベート面でも大変よくしてくださいました。いつも親身になって的確なアドバイスをくださるため、落ち込んでいても必ずモチベーションが上がりました。私もいつかスタッフに対してもそしてお客様に対しても、あの時の店長や次長のように良い影響を与えられる人になれたらと思います。
・・・入社をお考えの方に向け、少しだけ当社の特長をお話しすると、コミュニケーション・ワークスは学歴や経歴重視の企業ではなく、どちらかと言えば「やる気」をかってくれるところがあります。私自身いままで正社員として働いたことがなく、勉強も得意な方ではありませんでした。入社当時に持っていたのはまさに「やる気」だけ。それでも一から教わり、店長を任せていただいている今があります。
まずできることからはじめてみてください。「懸命に頑張る人に対し真剣に向き合ってくれる」そんなコミュニケーション・ワークスは私にとって自慢のできる会社です。

モチベーションチャート

社員の声一覧

ページのTOPへ