採用情報はこちらから

RECRUIT採用案内

アミューズメント・モバイル・保険事業の株式会社コミュニケーション・ワークス

会社案内

モバイル事業部
ソフトバンクショップ 光の森
平田聡嗣(2016年入社)

「魅力的な人間であること」これも大切な仕事です

この職種を志望したのは、携帯の契約に行った際に対応をしてくれたソフトバンクスタッフとの出会いがきっかけです。とても丁寧で分かりやすい対応をしていただき、当時学生だった私は「自分の知識が誰かの役に立つって・・・かっこいい」という想いに駆られました。その後当社の求人をみつけ応募を決意しました。
試験対策として、ソフトバンク携帯の勉強をしたのですが聞かれたのは「これまでどんなことをしてきたか」「今後どんな風になりたいか」など。会社が重要視していたのは、「人間性」の部分でした。当時は「せっかく勉強したのに」という気持ちにもなりましたが、この仕事に携わるうちに、あの面接の意味を理解することができたように思えます。
私たちの仕事の大部分は「お客様とのやりとり」、そこができないとせっかく手に入れた知識もお客様に必要とされないのです。そのためにも人に必要とされる、思わず頼りたくなるような魅力的な人間であること、これも大切な仕事のひとつだと私は考えます。面接で人間性をみる質問が多くされたのはそういう理由からだったのかもしれません。

日々、進化し続ける業界への対応

この業界に入り一番の苦労といえば日々進化する携帯電話やモバイル機器の商品情報についていくこと、でしょうか。お客様の中には新しい機種をお求めのためにご来店される方も多くいらっしゃいます。私たちはそんなお客様たちにご満足いただけるだけの情報量と知識が必要です。そのため新商品が発売される前に様々な方法を使って情報収集をし、多くの事を覚えます。とても大変なことなのですが、当社には数ヶ月に一度「ランキング」という形で、成約率の高い社員が表彰されるシステムがあるため、高いモチベーションを保ったまま仕事に取り組むことができています。私の中でランキングとは「数多くのお客様に信頼された人」の順位でもあるため、やはり上位を狙いたいと思わずにはいられません。もちろん私だけでなくクルー全員が日々努力しているため、並大抵の努力ではランキング入りはできないのが現状です。しかし努力をし続けることで結果は残せるということを私はこの会社に入社し知ることができました。今、切磋琢磨しあえる仲間たちと「もっとお客様に満足していただくためにできること」を考える毎日は私にとってかけがえのないものとなっています。

プロ意識を持った集団が理想

入社したばかりの頃、私は「自分がどうあるべきか」ばかりを考えていたように思います。しかし時が経つに連れ、お客様にご満足いただくためにはクルー全員がお客様の要望に応えられるプロ意識を持った集団であるべきだと考えるようになりました。
現在の私の目標は店長になること。店長の仕事の一つに「店舗クルー全員のベースアップ」というものがあります。そこで自身の理想を叶えることができればと考えています。ただし店長とは誰よりも仕事ができ、周りを見渡すことができ、そしてクルーにもお客様にも慕われる存在でなければなりません。まず私ができることは、店長や先輩方の動きをしっかりと見て、それらを自然とできるようになること。そして自分にできそうなことは積極的にやっていくことです。まだまだ成長途中ではありますが、年齢を問わず努力する人間を受け入れてくれるこの会社だからこそ、私はもっともっと成長できると感じています。

モチベーションチャート

社員の声一覧

ページのTOPへ